子育てカウンセリング

言葉を獲得する以前のお子さんたちを観察すると、言葉以外の五感を使って世界を感じていることや、言葉以外の表現方法によってビックリするほど 豊かにコミュニケーションしていることに気づきます。大人はどうしても言葉に頼りすぎてしまうので、より意識的に五感を働かせることが必要なのです。

他の動物と人を比べると、「言葉」と「手」は大きく違うところです。人の「手」は壊れやすいものをそっと指先でつまむこともできれば、ダイナミックにパンをこねるというような動作もできます。人の「言葉」も、手や指先のように上手に使うことによって、「手」と同じように、複雑で繊細な働きをすることもできるし、パワフルに人を動かす原動力にもなり得るのです。

 

「言葉」を使うという行為を、もっともっと意識的に行い、お子さんとのコミュニケーションで生じるエラーを減らすことで、一緒に気分良く暮らしていけるようになります。五感を働かせたコミュニケーション、それが「魔法の話しかけ」です。

わたしはカウンセリングで皆さまに「感じる子育て」をご提案しております。「感じる」というのは「観察する」と言い換えても良いかもしれません。

まず、大切なのは五感を研ぎ澄まして、いつも心を鋭敏にした状態で子どもたちといるということです。

その状態でいると、こどもが発する気配のごくごく微細な変化がわかるようになります。その変化を「観察する」のです。

 

子どもの「気」のリズムと親の「気」のリズムを合わせる。

これが「感じる子育て」です。

 

「感じる子育て」を続けていると、眠っていた五感がどんどん呼び覚まされて、目に見えない世界の、あらゆる「気」の動きに敏感になります。

地上の全ての生き物の「気」を感じて生きることは、宇宙に存在する全ての粒子を感じて生きることにつながっていきます。

「気」を合わせる濃密な空間で研ぎ澄まされた繊細な感性が響き合う時、なんとも言えない至福の感覚を得ることもできるのです。

 

皆さまに選んでいただくのは450分のカウンセリングではなく、もう一つの未来です。 もしも、カウンセリングから始まるもう一つの明るい未来を、今想像できたなら…。

 

「ここに来て、本当に良かった!」

 

皆さまの笑顔があふれる瞬間に立ち会えることはこの上ない喜びです。

カウンセリングは全てもりやゆうこがマンツーマンで責任もって務めます。
連続3回の対面カウンセリングを通して、お子さんの自己肯定感を高め対人関係をよくするコミュニケーションメソッド「魔法の話しかけ」を、じっくり、ゆっくり、たっぷりご体感いただけます。
時間
150分×3回/7.5時間
料金
50,000円(税込)
場所
長野県松本市城山公園隣接のギャラリーカフェ『憩の森』内個室
松本駅から5km程(タクシーで1500円程度)
城山公園展望台は北アルプスだけではなく、松本平を一望できる素晴らしいロケーションです。