愛することと、愛を受け取ること。。。

 

母の言う「いい子」がわからなくて、
わたしは母を度々怒らせてきた。

 

「ゆうこは本当はすごく悪い子なの。

いい子ぶっているだけ」

 

母は一度腹を立てたら決してわたしを許さなかった。

 

12年前、

 

「お母様はもう謝らないで。

二人の人間がいて、

一方だけが完全に間違っているなんて、僕は無いと思う。

お母様はいつもお祖母ちゃんに謝ってきたでしょう。

次に謝るのはお祖母ちゃんの番だよ。

だから、お母様はもう謝らなくていいんだよ」

 

と、息子が言ってくれて、わたしは母に謝るのを止めた。

 

以来、ずっと義絶状態。

メールを送っても返信はなく、
子どもたちと連れ立って訪ねても、
電話をかけても、出てこない。
宅配便は受取拒否で返される。

 

ある日、台所で皿を洗いながら
涙をこぼしたことがあった。
その姿を見た娘(当時3才)がしたのは、
思いもかけない吃驚仰天の行動だった。
 
「あ、電話だ!」

 

玩具の電話機を手に取って、
話し始めた。

 

「もしもしおばあちゃん。
はい、はい、ママはとっても元気で頑張っています。

はい、ありがとうございます。
おばあちゃんもお元気で」

 

それから、わたしの方を向いて微笑んだ。
 
「ママのお母さんからお電話がありましたよ。
ママは元気かって聞かれたから
ママは元気で頑張っていますって言ったわ。
そしたらとっても喜んでいましたよ」

 

わたしの涙がぴたっと止まった。

 

「どうして母のことで泣いていたのがわかったんだろう?
何も話していないのに…。
なんかすごいなあ、こんなにちっちゃいのに」

 

娘の掛け値なしの大きな愛の衝撃波を受けて、
わたしのインナーチャイルドはぶっ飛んだ。

娘の演じてくれた虚が、

母親の愛を希求するわたしの心を完全に満たし、

実となった瞬間だった。

 

 

こどもたちの愛はとてつもなく大きなエネルギーの塊だ。
小さくて弱弱しいものなんかじゃない。

 

どうか傷ついて愛を信じられなくなった人たちに、
たくさんのこどもたちの愛が届きますように。

 

そして、いつかわたしの愛も

母に受け取ってもらえますように。

 

「お母さん、ありがとう」

 

口に出して言うと、本当に届くような気がして

時々、何度も何度もつぶやいている。

 

たぶん、母が「いい子ぶり」と言ったのは

わたしのこういうところなんだろう。

 

でも、

お母さんがわたしをどんなに悪い子だと言っても

わたしは本当にいい子なんだと、今は思える。 

 

だから、

「お母さん、わたしを生んでくれて、ありがとう」

と今日もつぶやく。