ブログ

いやなことがあってもね、心を今に集中させれば、忘れるのよ。人生は前に進むだけなんだから。魂は傷つかない。磨けば光る。

「あるがまま」を信じられなくなると、不安になる、怒りたくなる。お互いの「あるがまま」を信じられれば、それだけで愛は十分伝わる。

「感じる子育て」を続けていると、眠っていた自分自身の五感がどんどん呼び覚まされていきます。

寄り添ってくれた想い出は、今もなお、静かな青い炎のように私の心を熱くして、力強く支えてくれる。

「わたしを追い込まないでくれてありがとう。それホントに助かった。でも、それが一番大変だった思う。本当にありがとう」

息子の子育て中、これはピンチ!って時には「いい考えしよう」と声をかけた。これは「魔法の言葉」だ。不思議と気持ちが落ち着く。

小学校で始めてマラソンをした1年生の頃、「ねえママ、心って弱いの?先生はマラソンをすると心が強くなる、って言うのよ。でも、わたしは、心はもともと強いと思うの...」

『ダイヤモンドは傷つかない』というのは、高校生の頃に観た映画のタイトル。内容は全然憶えていないけれど、タイトルがすごく好きだった。

人生も、夢を見るのと同じです。あなたの見る夢にたとえわたしが出てきたとしても、それはわたしの夢ではありません。

「かっこつけて難しいことをやろうとしなくていいんだ。6割ぐらいの力でできる簡単なことでいいんだよ」

さらに表示する