究極の全受容、全肯定は。。。

 

「かっこつけて難しいことをやろうとしなくていいんだ。

6割ぐらいの力でできる簡単なことでいいんだよ」

 

無理をしない、頑張らない、のイメージを、父は6割という言葉で示してくれた。 

 

「ゆうこは、『頑張れば自分はもっとできるんだ』って思っているんだろう。

 でもなあ、やってみたら分かるよ。頑張っても案外出来ないものなんだ」

 

空や雲や星や花や虫や鳥をぼんやりと眺めたり、

何にもしないでいつもいつも眠っている。

父はそんなわたしの姿を見て、

 

「ゆうこは怠け者なんだ。それもよし。無為安閑として時を送る。

それもまたよし」

 

と言って、かんらからと笑った。

 

【究極の全肯定、全受容】

「生きるもよし、死ぬもよし、全てよし」は、

父の究極の全肯定、全受容の言葉だったと思う。

 

ゲーテの『若きウェルテルの悩み』とかヘッセの『車輪の下』とかジッドの『狭き門』とか...。

本ばかり読んで、「死にたい」と泣いている娘だった。

 

父は「生きるもより、死ぬもよし、全てよし。何でもよし」と言い放ち、豪快に笑った。

 

「悠々と生きるように」

 

いつもいつも父が望んだのは、それだけだった。

 

「人生はトントンで上出来なんだ」