静かな青い炎のように。。。

当時4才だった息子は

夜中に、声を殺して泣いていた私に気づいて

目を覚ました。

 

一瞬驚いたような表情を見せた後、

何も言わずに

自分の着ていたパジャマの袖を

ギューッと伸ばして

 

ただ黙って

私を見つめて

 

何も言わずに

私の頬をつたう涙を

そっとおさえてくれた。

 

それから、

静かに微笑んだ。

 

 

寄り添ってくれた息子の想い出は

巣立ちの後、今もなお

静かな青い炎のように

私の心を熱くして、

力強く支えてくれる。

 

ありがとう。