HSC・HSPの「あるがまま」は「わがまま」とは違います。

周囲からは「わがまま」だと、しばしば勘違いされているHSC・HSPの「あるがまま」ですが、

HSC・HSP自身が「わがまま」と「あるがまま」の境界線をしっかり見える化することができれば、ブレずに自分の「あるがまま」を信じて生きていかれるようになります。

この「あるがまま」を信じる力が、HSC・HSPの自己肯定力を高め、その敏感力を「生きる力」へと移行させることを可能にします。

 

「わがまま」と「あるがまま」、

前者は幼稚と見られ後者は魅力と映ります。

そこには原始的と野生的の違いがあります。

 

「魔の2歳児」はHSCにとって、自分の感情を吟味して「わがまま」と「あるがまま」の境界線を意識する、最初の大事なプロセスです。

 

これは「わがまま」なのか?「あるがまま」なのか?

 

納得がいくまで感じきると、その境界線を見つけることができます。

 

その朝、息子Sは

「Sちゃんは、昨日までは赤ちゃんだったけど、今日からはSちゃんになったんだよ」

と晴れやかに「魔の2歳児」卒業を宣言して私をびっくりさせました。

 

なるほど!息子Sが生まれてまもなく新生児訪問してくれた助産師さんの、この言葉は本当でした。

「ママちゃん、分からないことがあったら赤ちゃんに聞くんだよ。みんな教えてくれるから」

(根っこのこどもたちのご紹介ページより

 

理解できなくても受容する。

HSCの子育ては、いつでも、どこでも、ここからスタートです。

 

「わがまま」なのか「あるがまま」なのか、その境界線を知っているのは本人だけなのです。

 

「人一倍敏感な」HSCのイヤイヤ期はまさに「魔の2歳児」の名のとおり、激しく泣いたり癇癪を起こすことが度々あります。

でも、どんなに激しいイヤイヤにも「わがままなの?」というまなざしをHSCに向けないように。

そうすれば必ず、それまでとは違った風景が目の前に表れてきます。

周りや本人に危険がないことを確認できたら、「なるようになる」のまなざしで見守りながら、イヤイヤ期を大切に過ごしてください。もちろん、ママやパパの無理のないように線引きするのも大事なことです。

 

HSC・HSPの4つの性質とは

①深く処理する

②過剰に刺激を受けやすい

③感情の反応が強く、共感力が高い

④ささいな刺激を察知する

アーロン博士は、「4つのうち1つでも当てはまらないなら、おそらく『人一倍敏感』な性質ではないと思います」と述べています。

エレイン・N・アーロン著、明橋大二訳『ひといちばい敏感な子』(一万年堂出版、2015年)425ページ