ねぇママ、わたしの心は弱いの?。。。

小学校で初めてマラソンをした1年生の頃、

 

「ねえママ、心って弱いの?

先生はマラソンをすると心が強くなる、って言うのよ。

でも、わたしは、心はもともと強いと思うの。

わたしの心は弱いの?だからマラソンで強くしないといけないの?

わたしは走るのはイヤじゃないけど、なんだかイヤなの」

 

と言って、娘は悲しく目を赤くした。

 

 

「うわぁー!!」

 

出産の時、自分の身体から温かい生き物が

ブルルンと勢いよく飛び出してきて、

その瞬間にわたしはビックリ仰天して叫んだ。

わたしはその時まで、

赤ちゃんを「生む」んだと思っていた。

でも、そうじゃなかった。

赤ちゃんは「生まれてくる」!

生命の意思の光のまばゆさに思わず目を細めた。

 

「この輝きを、ちょっとも減らさないようにしなければ。

でも、わたしにそんなことができるかしら…」

 

 

自分の意思に背いて

他者の意思に従ってしまうと、

良いと思ってしたことでさえ

心に遺した気持ちが「恨」に転じてしまうことがある。

 

そしてその「恨」が、そうとは気がつかない形で、

いつしか他者の意思を踏みにじる動機になってしまう。

 

自分の意思に背かないことが、 

他者の意思を想うことにつながる。

 

意思は、

地上の物質の全てに等しく宿り、世界を形作り、動かしている。

意思を歪めること、すなわち世界を歪めることになる。

 

ただ一人の、ただ一つの意思も、決して歪めてはならない理由は

これなのだ。