「いい考えしよう」。。。

息子の子育て中、

これはピンチ!って時には、

「いい考えしよう」

と声をかけた。

 

これは「魔法の言葉」だ。

不思議と気持ちが落ち着く。

 

人一倍敏感なHSPのわたしとHSCの息子のピンチを

「いい考えしよう」がいつも助けてくれた。

 

 

大学に入学したら、家を巣立っていく。

お別れの日が一年後に迫った頃、

息子とそれまでの想い出をたくさん語り合った。

 

「ごめんね、失敗ばかりの母で…。

あの時はあれが絶対に『いい考え』だと思ったんだ。

だけど、今考えてみると全然『いい考え』じゃなかったね」

 

「いいんだよ。

お母さまはいつも一生懸命にわたしを育ててくれました。

それだけで大丈夫だったんだ。

なるようになる、って思えるから。

何だって良かったんだよ。本当にありがとう」

 

こんなご褒美があるなんて想像してなかった。

全然いいお母さんじゃなかったのに。

 

 「ありがとう」って言われるなんて!

 

「何だって良かった」

「大丈夫、なるようになる」

「いつも面白かった」

「ありがとう」

 

息子は何度もそう言ってくれて、

大空に羽ばたく鳥のように

巣立っていった。

 

「大丈夫、なるようになる!」

って、満面の笑顔で。